ペットが亡くなってしまいました。どう対処すれば・・・・

ご自宅でできる準備

愛するペットが最後のときを迎えたとき、どのように対処したらよいかを前もって整理しておくとあわてないでも済みます。

季節にもよりますが、遺体の傷みは思いのほか早く進みます。
亡くなったペットの体温が低下してくると、体についていたノミなどが一斉に逃げ出してしまいますから、バスタオルなどで体をくるんであげ、ノミなどが出てこなくなってから、きつく絞ったタオルなどで体をきれいに拭き、頭と腹部に氷や保冷材などを置いてあげてください。

そして、日差しを避けて、涼しい部屋を選び、安置してください。

このとき、お気に入りだった毛布やタオルを敷いてあげ、頭が少し高くなるようにペットシーツなどを折りたたんで枕にしてあげると敷物が汚れません。
体の下にもペットシーツを敷いておくとよいかと思います。

好きだった食べ物や遊具などを添え、線香やローソクを建てて、一晩はご自宅に置いてお通夜をしてあげてください。

まず、ご相談ください

ペットの葬儀や納骨、料金などについてご不明な点がございましたら、まず、ご相談ください。
その際、ペットの種類や体重などを教えていただければスムーズにお答えすることができます。

来苑されるのに遺体が車に乗らない場合や、お車をお持ちで無い場合は、お迎えサービスも行っておりますので、ご相談ください。

■ペット葬のお申し込みは下のフリーダイヤルにお電話ください。365日 24時間受付

365日 24時間受付 

まず、ご相談ください!



全国ペット霊園協会会員