よくある質問

Q1 「宗派不問」とはどんな意味ですか?


お墓を購入前も購入後も自分の宗旨・宗派を変える必要はありません。法要も自分の宗派に合わせた方式で行うこともできます。


Q2 墓地永代使用料って何ですか?


いわゆる墓地代にあたるものです。墓地の取得は、お墓の土地そのものを取得するのではなく、お墓を永代的に使える「永代使用権」を取得することです。墓地永代使用料はその権利取得にかかる費用です。 永代に渡って供養してもらえる永代供養料とは異なります。従って、墓地永代使用料を支払えばその後、一切費用はかからないという事ではなく、ほとんどの墓所で墓地永代使用料の他に毎年管理料が別途かかります。

Q3 お墓はいつまでに建てなければいけないのですか?


「いつまでに建てるのか?」あるいは「いつまでは建ててはいけないのか?」という決まりはありません。一般的には、四十九日・百か日・彼岸・お盆・命日など、それぞれの法要に合わせますが、特に一周忌に建立することが多いようです。 また、三回忌や七回忌といった年忌に合わせるのも良いのですが、お墓は愛する家族を追憶するものですから、ある程度経済的に余裕を持ち、更に精神的にも落ち着いた時期を待って建てればよいのではないでしょうか。 但し、墓所の規定により何年以内に石碑を建立しなければならないという場合やお盆・お彼岸の最中は僧侶が忙しく、来てもらえない可能性があります。その様な事も考慮して石材店に建立の時期を相談してください。ちなみに石碑の完成までに通常2〜3ヶ月かかりますので、お早めにご相談ください。

Q4 お墓は生きている間に建てると縁起が悪いと言われたのですが、本当ですか?


そんな事はありません。生きているうちにお墓を建てると早死するとか悪いことが起きると言う人もいるようですが、古来中国では生前にお墓を建てることは長寿を授かる縁起の良いこととされていました。これを寿陵(じゅりょう)といい大変おめでたいお墓なのです。また 、最近では子供に負担をかけたくないとか、ご自身で気に入った墓所や墓石などを選びたいという方が増えて来ています。

Q5 後継ぎがいないとお墓は買えないのでしょうか?


現在では小子化の影響もあり、子供がいなかったり、または娘だけで跡取りのいない夫婦が多くなっています。その様な場合、申し込みすら出来ない霊園もあるようですが、一定の条件つきで受け入れている霊園も少なくないようです。 最初に自分たちの家族構成を伝えて、申し込みができるか、承継ができるかを確認することが大切です。 また 、お墓に入れる人の範囲は、永代使用権者の親族に限られるというのが一般的な傾向です。(親族の範囲は民法では六親等までとなりますが墓所の管理規則によってこれより狭く定められている事があります。) 後継ぎが娘さん一人で、すでに結婚されて姓が変わっている場合に「両家墓」という選択方法があります。これは、一つの墓石に両家の姓を入れるお墓です。 一人っ子の多い現在、この様な建て方が増えて来ています。  

Q6 石材店の知り合いがいるのですが、墓地を購入したらその人に建ててもらう事はできるのですか?


公営墓地の場合はほとんどのところで可能ですが、民営墓所(寺院墓地も含む)の多くは、石材店を指定している事がほとんどで、その指定石材店で墓石を購入することになります。また、墓石の形や大きさについても規定がある場合がありますので墓地をお求めになる際は、必ず確認するようにしてください。

Q7 墓石に刻む文字に決まりはありますか?


近年では宗教にこだわらず「憩」や「和」といった言葉を刻んだものもみられるようになりました。お墓を故人の記念碑的なものとする立場では、故人の好きだった言葉や故人の人柄や業績を表すのにふさわしい文言などを選ぶ場合もあります。 但し、お墓を故人の供養のためのものとする立場で宗教にのっとった文言を選ぶ場合は各宗派によって多少の決まりがあります。 墓石に刻む前に必ず打ち合わせを石材店と行いますので、その際に石材店のアドバイスを求めるか、ご自身でおつきあいのあるお寺に質問されると良いでしょう。故人や先祖供養のためではあっても、宗教に関係なく自由に選ぶ場合もありますのでどちらを選ばれるかはご家族で相談されると良いでしょう。

Q8 現在使用している墓地があるのですが、遠方でお参りが困難なため、新しく墓地を近くで探しているのですが、今ある墓地はどうなるのですか?
また 、先祖代々から守って来た墓石を新たな墓地に移すことは出来ないのでしょうか?



墓地の永代使用権は原則的に、子孫などの正当な承継者(しょうけいしゃ)だけの権利で、それ以外の他人も使用できるというものではありません。 よって現在の使用権を他人に譲ったり、売る事は出来ません。
不要になった墓所は墓石を撤去し、整地して、現状に戻して管理者に返還しなければなりません。ほとんどの場合が無償返還で、使用料が戻ってくることはありません。
また、墓地だけ取得して墓石を他の墓所から移してくる事を承諾してくれる墓所は、ほとんどありません。その際は、埋葬したお骨だけを移す事になります(改葬)。
ですので墓地をお選びになる際はこのことを考慮してお選びすることをおすすめします。
お墓にお骨を納める際は、通常「火葬証明書」を墓所の管理者に提出しなければなりません。一度埋葬しているお骨に関しては、「火葬証明書」にかわる「改葬証明書」を提出することになります。 「改葬証明書」の手続きはまず移転先の墓地の「受入証明」をもらい、現在埋葬している墓地の管理者(市町村、宗教法人、霊園等)から「埋葬(納骨)証明書」を交付してもらいます。 この2つの証明書を元の墓所を管轄する市町村の役所に提出して、「改葬証明書」を交付してもらいます。御遺骨は墓石から取り出される前にまず僧侶、神職の「読経(抜魂)」を行い、骨壷に入っていればそのまま移転出来ますが、かなり古いお墓には土葬のものが多く、現実的には移転がほとんど不可能です。その場合は、お墓の土を一握りほど持ちかえり、御遺骨に代えます。

Q9 承継者が亡くなった時はどうすればいいですか?


次に誰が引き継ぐのかを墓地管理者に届けでなければなりません。そうすることで、永代使用権は存続されます。

Q10 お墓に酒をかけてもいいのですか?


かけないで下さい。石が変色することがあります。そのままお供えし、お参りの後持ち帰る事をおすすめ致します。

他の質問を見てみる