寿陵(じゅりょう)とは




寿陵は生前に建てるお墓のことをいいます。

墓地でよく見かける朱文字で戒名が書かれたお墓が寿陵です。



通常の場合、自分のお墓や夫婦のお墓として建立されます。

生前に建てるお墓ですから、まだ遺骨は入っていません。


市営霊園などの公営墓地ではお墓の数が不足しているので、
許可されていないことがほとんどです。



寿陵が増加している背景には核家族化により墓地の数が不足している
現状から、


「子供に心配をかける前に自分で早めにお墓を確保しておこう。」


と考えている人が増えてきているからだと推測されます。



民営霊園の場合、お墓を建てることが前提になっているので、

必然的に寿陵が多くなることになります。


寿陵は古くから中国でもおめでたいこととされ、
「寿蔵」、「寿堂」、「寿穴」とも記述されています。


「生前にお墓を建てるのは縁起が悪い」というのは誤解です。生前に自分の冥福を祈るということは、仏教でも大変に功徳の高い善行であるとされています。