お墓の基礎知識

 
 

■お墓の種類


家族墓】
家族を祀り、子孫へ受け継いでいくお墓です。日本で一般的に見られるお墓の形式です。遺骨を納めるたびに墓誌や墓碑に戒名・法号・俗名・没年などを追加していきます。


【夫婦墓】

夫婦二人を祀るお墓です。「子供がいない。」または「子供に迷惑をかけたくない。」などの理由から、この形式を選ぶ夫婦の方が増えてきています。


【個人墓】

個人を祀るお墓です。生前に功績のあった人を讃えて建てられているお墓以外にも、最近では、「自分のお墓は自分で建てたいという方が生前に作られるケースが増えています。このような場合には自分の趣味に合わせた個性的なお墓を希望される方が多いのが特徴です。


両家墓】

両家墓は二つの家を一つのお墓に祀り、墓石には両家の姓を刻みます。長男・長女同士の結婚などでお墓を受け継ぐ人がいない家族が増えたことより、造られるようになりました。これにより両家の結びつきが強くなったという話もあります。


【合祀墓】

複数の人を一緒に祀るお墓です。お墓を受け継ぐ人がいない、個別墓地はいらないという人に選ばれています。遺骨の祀り方には、一定期間は個々の骨壷に祀るものと最初からほかの人の遺骨と一緒にして祀るものがあります。


【永代供養墓】

たとえ、お墓の継承者がいなくても、永代供養料を納めれることにより、お寺が責任をもって永代供養・管理をするお墓のことです。