宗教法人 正修寺 墓苑使用規定





第1条 (使用規定)     
     この規定は、正修寺霊苑の墓地使用について定めたものです。


第2条 (墓地の管理・運営)     
      墓地の管理・運営は、(宗)正修寺 墓苑管理委員会がおこないます。
第3条 (使用目的・使用資格)     
      墓地は、埋骨及び墓碑などの建設以外には使用できません。     
      墓地は、宗派の如何を問わず管理者の許可を受けて使用することが出来ます。
第4条 (永代使用権)     
      永代使用権料及び管理費を完納していただいた後、「墓地使用許可証」を
      発行いたします。     
      永代使用権料及び管理費は、別表の通りです。


第5条 (使用権の移転)     
      使用権は、祭祀を継承する者以外に譲ることはできません。     
      祭祀者に変更があった場合は、直ちに管理者に届け出てください。

第6条 (永代使用権の返還)
      使用墓地が不要になったときは、使用者は管理者に届け出てください。

第7条 (使用権の消滅)
      次の各項に該当するときは、使用権は消滅します。    
       (1)使用者が死亡してから5年が経過しても、祭祀をおこなう者がいないとき。   
       (2)使用者が住所不明になってから、5年を経過したとき。

第8条 (使用権の取り消し)    
      次の各項に該当するときは、使用権を取り消すことがあります。  
       (1)許可を受けた目的以外に使用したとき。    
       (2)許可を受けた日から3ヶ月以内に巻石をしないとき。  
       (3)所定の管理費を3年以上納めないとき。    
       (4)管理者の許可なしに、使用権を譲渡、または転貸しをしたとき。   
       (5)その他、使用規定に違反したとき。

第9条 (無縁墓地への改葬)   
      第7条の規定で使用権が消滅したとき又は、第8条の規定で使用権が取り消された場合
      管理者は無縁墓地とみなして、別の無縁墓地に改葬することができます。

第10条 (永代使用料及び管理費の返還)     
      既納の永代使用料及び管理費は一切返還いたしません。
                  
第11条 (禁止事項)    
       (1)宗教法人正修寺以外の寺院で、墓碑に関する法要を行う場合は、開眼式に限り
        入山料として1万円を納めて頂きます。        
       (2)客引、行商、募金、その他これに類する行為はしないでください。     
       (3)貼紙、広告等の表示をしないでください。     
       (4)管理者の許可なしに、使用権を譲渡、または転貸しをしたとき。     
       (5)その他、管理者が禁止する行為はしないでください。

第12条 (墓地内の設備)     
       (1)墓地内は管理者責任上、巻石、建碑、その他一切の設備については、指定業者
          以外は施工できません。     
       (2)ローソクや線香等、火を使用する場合は、防火のために、ローソク立てや線香立て
          などの専用器具を設けてください。


第13条 (墓地内の管理責任)     
       (1)管理者は共用部分の管理はしますが、使用者部分の管理はしません。     
       (2)天変地異などの不可抗力による墓地、墓石等の損害及び、盗難など第三者による
          加害行為によって生じた被害については、管理者は一切その責任を負いません。

第14条 (管理費の改定)     
       管理費は、諸般の事情により必要に応じて改定することがあります。

第15条 (規定の改定)     
       この規定は、法律の改定及び社会情勢等により改定することがあります。